Home > 2009年04月

2009年04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

横取り

  • 2009-04-30 (Thu)
  • Game
本来FPSに敵を横取りするなどという概念は無いと思ってますが、
取られたときはナイスカバー!
取ってしまったときは心の中でごめんなさいと謝っておけばストレス無く楽しめると思うんです。

クランについて

  • 2009-04-29 (Wed)
  • Game
今CFでクランを立ち上げてクラン活動をやっています。
メンバーも増えて安定した活動ができるようになってきました。

殆どのメンバーはクラン戦経験がなく、中にはチームマッチ自体に慣れてない人、さらにCFに慣れてない人までいますが、その割には結構戦えてます。
手をつけてない箇所を伸ばすのは簡単ですが、手をつけた後の苦手分野を改善するのは少し難しい。満点に近づくにつれて伸び悩み、努力の量が結果に伴わなくなってくる。
そうなってくるとマンネリという状態に陥る可能性がありますが・・・。
このクランは手付かずの部分が多く、点数で言えば0点の状態だけど、逆に考えたら50点位まではすぐに取れそうですので伸びる余地が十分あってこれからが楽しみです。

やっつけ仕事ですがクランサイトも作りました。
http://smd.s5.pf-x.net/

今後ともSpiralをよろしくお願いします。

America's Army

  • 2009-04-17 (Fri)
  • Game
AA3の開発が着々と進んでるようです
AAは約7年前のゲームですが今のオンラインFPSと比べても違和感なく遊べるほど完成度が高いですし、今でもトップ10に入る人気です。
昔は要求スペックが高いという位置付けでしたが(当時のスペックはPentium? 3.0Ghz)今は軽い部類に入ると思います。
今回もモーションキャプチャーを使って兵士の動きがとても自然になっています。
また米軍監修のもと、実銃の音やリコイルを再現していて超リアル!って書くと銃がとても好きな人みたいですが、実はあまり興味ありません。興味のない自分でもこんな感じだからガンマニアやサバゲーしてる人たちにとっては涎ものなんじゃないでしょうか。

数あるゲームモードの中でも特にはまったのがSF HospitalというMAPです。
特殊部隊側はVIP(重要人物)をヘリポートまで護衛する テロリスト側はVIPを殺害するというモードで、VIPはプレイヤーの中からランダムで選ばれます。VIPは開始時に1マガジンのみのAKと瀕死のヘルスで病院の一室からスタートします。たぶん入院中の人質の奪還計画と推測。
護衛側はヘリポートまでルートをクリアしていきながらVIPを進めていきます。途中敵から奪ったAKや手持ちのスタングレネードなどをおみやげにVIPに渡してあげるとtyと感謝されます。
動くものを守るというのはA.V.Aの護衛モードと似ていますが、AAはA.V.Aの戦車のルートを自由に変えられるといった感じです。
護衛しながらこっち安全だから付いて来い!ゴール前はスモークもくもくにしとくぜ!みたいな一体感が何ともいえません。
テロリストがあと一人で護衛側は大量に人がいるのにVIPをゴール寸前で狙撃されたりと一発逆転もあって最後まで気が抜けません。

基本的には一発食らったらすぐ死んで(かすっただけでもメディックが止血にこない限りしばらくすると失血死)ラウンド終了ですし、弾も30発しかないのでVIPは色んな所でかくれんぼしながら味方が迎えに来るのを待つのがセオリーです。
しかしある時、最初から最後まで走り抜けるラッシュルートを発見してそれがうまく成功したときはGJ!Hooah!の嵐でテンション上がりまくりでした。一方、撃ち殺されたら何勝手に突っ込んで死んでるわけ?みたいなfuck! moron!といった罵倒の嵐で涙目になるので注意が必要です。VIPの見た目がテロリストに似てるので間違えて撃ち殺したのもいい思い出です。
あぁ思い出したらやりたくなってきた。

Home > 2009年04月

Search
Feeds
Tag Cloud
Recent Comments
Recent Trackback
Blog
SuMuPii のちらしの裏
二回はできませんっ。
FPSって( ゚Д゚)ナニ?
たけめはきもくありません。
てつおのぶろぐ(仮)
あ、キャットに一人います
誰日記
Clan Spiral

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。